子どものお受験

引き寄せの法則:子供がお受験で成功する方法!

投稿日:

引き寄せの法則『100%自分原因説』CPM公認セラピストの長谷川桃子です。

100%自分原因説という言葉を初めて聞いた方は、こちらをご覧くださいね。

 

●子どもを有名幼稚園・難関小学校へ入学させたいのですが、引き寄せの法則を使って合格することができますか?

お子さんの受験を前にクライアントさんからこのようなご質問をいただきました。

私のクライアントさんには、有名小学校や幼稚園に合格された方が多数いらっしゃいます。引き寄せの法則を使って、お子さんの受験が成功したら嬉しいですね。引き寄せの法則は、受験にも活用できます。

ただお子さんが引き寄せの法則を使って受験するのではなくて、お母さんがお子さんを受験で合格させたい場合ですね。ここで大切なポイントは、お母さんが受験して合格するのではなく、お子さんが受験で合格するようにお母さんが思考するわけですから引き寄せのを活用するためには、ちょっとしたコツが必要になります。

 

・どうしてお子さんをこの有名幼稚園・小学校へ入学させたいのか。

高校受験や大学受験では、「〇〇高校や〇〇大学に入学したい。」とお子さんの意志で決めることも多くなると思いますが、小学校受験や中学校受験では、お子さんの意志だけでなくご両親の意見というのも影響しているのではないでしょうか?

お子さんをこの学校へ入学させたい!というのは、お母さんの夢かもしれませんがお母さんがこの学校に通うのではなくてお子さん自身が通う学校です。“当たり前のこと”と思うかも知れませんが思考の世界では、この部分を間違ってしまうと潜在意識を活用できなくなります。

『どうしてお子さんをこの有名幼稚園・小学校へ入学させたいのか。』この思考と向き合うことがとても大切になります。まずはノートにでもお母さんが思っていることを書き出してみましょう。

・子どもがその小学校へ行きたがっているから

・子どもの性格にあっていると思うから

・中学、高校、大学とエリートコースで子どもに苦労させたくないから

・高卒で子どもにはいい大学へ行って欲しいから

・周りの子がみんな受験をしているから

ここで注意が必要な思考をいくつか紹介していきましょう。

 

◆ジャッジする思考をチェックしてみましょう。

「いい学校」「素晴らしい教育」「質の悪い学校」「レベルの低い教育」という考え方があるかどうか確認してみましょう。いい学校に通える自分の子は、きっと素晴らしくなるだろう!と思ったりしませんか?

レベルの低い教育を受けているあの人たちは、ろくでなし、とバカにする思考がありませんか?誰かをジャッジする思考は、ありませんか?

100%自分原因説で考えるとすべて自分の思考が創り出していることになります。誰かをジャッジしていたら自分も、さらには自分の子どももジャッジされることになります。誰かをろくでもない人とバカにしていたら自分もろくでもない親と言われたり、子どもがしょうもない子どもになってしまうことさえあるのです。

◆自分の価値を子供に押し付けていないかチェックしましょう。

自分の見栄ために肩書のため名声ためにお子さんを有名な幼稚園や小学校に入学させたい!という気持ちはありませんか?自分は高卒だから子供には、立派になってもらいたんです!というお話をよく聞きます。さらには、自分は高卒でバカにされたから子どもは、優秀な大学に入ってバカにした人達を見返したいの!という方もいます。

自分の価値を認められないでお子さんが自分の価値を高めてくれると錯覚している思考があると、なかなか望むような現実を手に入れられなくなります。

自分の価値を認められないお母さん=自分のこども になります。お母さんの期待に応えようとお子さんは、頑張り始めます。でも自分自身が愛されていると感じるよりも、自分に価値があるから愛されると感じていくお子さんは、さらにお母さんに好きになってもらえるように、期待に応えるように頑張るかも知れません。するといつのまにか自分がどういう存在なのか分からなくなったり、自分らしく生きることがわからなくなってしまうようになるかもしれません。

 

◆子どもに優劣をつけていないかチェックしましょう。

あの子と自分の子を比較する思考がありませんか?ついつい「〇〇ちゃんは、合格判定がでたのにあなたは、ダメだったの?」などと言っていませんか?あの子は、あんなこともできるのにうちの子は、どうして出来ないの?

お子さんを誰かと比べている限り、お子さんは優等生になったり劣等感を味わうことになります。つまりは、お母さん自身も比較されて優越感味わったり、劣等感を味わうことになるのですね。

◆子どもの可能性を本当に信じられているかどうかチェックしてみましょう。

あなたのお子さんってどんなお子さんですか?と聞かれたらどんな風に伝えますか?

「いつも笑顔で明るくて、友達を大切にする優しさがあり何ごとにも挑戦できる子どもで尊敬してます。」こんな風にお子さんのことを心から思って信じていたら引き寄せの法則は、その通りの現実を創り出します。

面接では、子どものことを素晴らしくポジティブに話そうとしても実際は、「いつも我儘でいつもラクをしようと怠けてばかり。努力が嫌いで逃げる子どもでもううんざり。」と思っていたらその通りの子どもに設定されています。「ほらね。」「やっぱりね。」ということが増えていきます。

私もお受験のためにプレスクールに通わせていた時期があります。

他の子どもと比較する思考
他の家庭が羨ましい思考
子どもに期待する思考

本当に子どもを信用できていなかった思考がありました。子どもを信用できていなかったので親が忙しい肝心な時に熱をだしたり、力を発揮して欲しい発表会では、泣いてできなくなってしまったりの繰り返しで「この子は、本当に空気が読めない子。」「力を発揮できないメンタルの弱い子」に設定していました。

でもどんな思考も引き寄せの法則から自分が創り出した子供の像だったのです。

子どもの可能性を心から信じていると子供をお母さんが想像している以上に力を発揮するようになります。「ダメじゃん。」「あなたには、無理ね。」と思考を送り始めるとこの思考も現実化されていくのです。

心の奥にある思考を認められるようになると心から子どもを信用することができるようになりました。すると望んでいる本当の教育が子供たちも受けられるようになりましたし望んでいるように育っていきます。

 

◆受験前のイメージング

自分の思考をチェックできたらイメージを活用して潜在意識に自分が望んでいることを伝えていきましょう。

◆あなたのお子さんは、どんなお子さんですか?

先ほども書きましたがお子さんに対するイメージを書き換えていきましょう。頭でイメージするのが難しかったらノートに書き出してみてもOKです。例えば、すぐに諦めてしまう。と思っていたらどんな風になってくれたら嬉しいかな?と考えてみましょう。
最後まで取り組める集中力がある。とか自分のことには、どんどん挑戦する勇気がある。とか思考を書き換えてみましょう。

さらに「すぐ諦めてしまう。」というのは、引き寄せの法則で考えてみると自分にも通じていることです。ですから自分自身も「すぐ諦めてしまう。」ことがなにかあるかな?と探して相手のそのような部分が嫌で変えて欲しいと思っているのでしたら、自分自身も行動を変えていきましょう。

◆受験日当日は、どんな風に過ごせたら嬉しいですか?

ご両親もお子さんもどんな気持ちで過ごせたら嬉しいでしょうか?受験を終えたとき、どんな気分だったら嬉しいでしょうか?イメージを送り出してみましょう。

◆一緒に受けた受験生は、どんな気分だったら嬉しいですか。

お子さんと一緒に受験をしたお子さんのことも考えてみましょう。他の受験生をジャッジしたり、さらには呪ったり(笑)そんな思考は、ありませんか?自分が送り出している思考は、自分やお子さんが受け取ります。

まずは、自分の思考をチェックしていきましょう。

 

100%自分原因説のセッションご紹介
・今すぐ話を聞いてもらいたい方は、スカイプセッションを活用してみましょう。
詳細は、こちらになります。
・じっくりと自分の思考を向き合いたい方は、メールセッションを活用してみましょう。
⇒詳細は、こちらになります。

-子どものお受験

Copyright© 笑顔で輝くママになる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.